SILVER NOTE

G13の使い方【第60想】

calendar

スポンサーリンク

OVERWATCH

先日からOVERWATCHが24日まで無料でプレイできるとあったので、自作のPCにOVERWATCHを入れてみました。

PS4ではOVERWATCHをプレイ済みなものの、そこまでやり込んでたわけではないですし、AI相手にきゃっきゃうふふするレベルでちまちま遊んでいました。PS4で。

PCにOVERWATCHをダウンロードして動かし、AIとキャッキャウフフするためにルーム作るわけですが、まぁ見事に1/3がハングル。さすがアジアサーバー。コンシューマーよりPC勢の方がレベルが高いっていう話を聞いているので、おじさんちまちまAIと遊ぶんですがふと

「無料期間終わったらAIと戯れることできないのかな??」

と思ったので、2000円くらいなら買おうかな・・・とブリザードのサイトに行くと、通常盤が1600円くらいじゃない!ぶっちゃけPS4の中古より安い。レジェンダリーエディションでも2500円くらい。うわぁこんな安いの??よーし!!・・・はい買いましたAIと戯れるためだけに買いました。

レジェンダリーエディションを!

アホすぎるw間違えて買ったとはいえないwww

PC環境

とは言え、FPSはボーダーランズ2とAPEXがPCには入っているので、多少遊べたりしますけど、マウスがねおじさん。

トラックボールなのさ!

マウスだと操作する範囲に物置けないでしょ?マウスパット敷いてその範囲内じゃない?トラックボールの場合、その操作スペースはトラックボール本体を握れれば十分。指で動かすから手首痛くならないし。だから愛用してもう十うん年。細かい操作もできるレベ・・・・つる!!指がつるっ!!!

左手が亜ああああああ

意外とトラックボールでの細かい操作ができることもわかったんで、ちょびっとしたエイム合わせもできそう。さらには、振り向く際、勢いよくシャッと球を弾くだけで振り向けるし、こりゃぁ慣れですな。と思えるレベル。

ただ左手のWASD(移動)ULTやスキル。コントローラーでは使わなかった、小指や薬指を駆使するのにおじさんの左手が壊されていく!でもこれに慣れれば他のPCゲーでも操作が楽になる!と断固たる決・・・あ

G13俺持ってたんじゃね?

と段ボールをガサゴソ漁って取り出したのはロジクールG13!左手用ゲームパッド!各ゲーム用にプロファイル(設定)を保持できたりする。それをPCに挿してOVERWATCHをやってみると、まぁ便利!!左手が疲れない!!何気においてある左手でULT打てるしSHIFTも押せる。おお・・・これはいいぞぉぉ

FFXIV

FFXIV用のプロファイルもあって、G13の設定から対象のゲームが起動していたらそのプロファイルに変えるってのがあるんだが、FFXIVを起動してみた後何気に、Wの位置(キャラの前進)を押すと・・・

「w」とチャット欄に!!

そうだよねw俺FFXIVだとパッド奴だし!キーボードの入力は直接チャットになるようになってるし!煽りショートカットか!!と一人つっこまざるおえない!!

とここで思ったんです。もっと便利にG13をFFXIVで使えないものかと。

なので検索してみた

まぁ出てくるのはG13+G600でのHUDやらキー設定の話ばっかり。おじさんG13+トラックボール(ノーマルマウス)だからなぁ。特にパッド勢だし。何かないか??と思ってたところ、ボタンポチーでスキルを実行する方法がCNTL+**やALT+**をG13に割り当ててそこにスキルを割り当てる方法。

今俺テンキーに割り当ててテンキーの数字をポチーするとそのスキルを実行するようになってますが、それをG13のキーに割り当てられるようにするという方法。

3連コンボのルートがボタンでできるのはいいなぁと思って早速色々考えて割り当ててみたんです

左手が忙しすぎて移動できない!!

G13って左手側におくわけなので、ポチポチが忙しすぎるとキャラの移動(パッドのスティック操作)が出来ないことに気付きました。ならばとキャラ移動のためにパッドを左手で持ってみると右手を伸ばしてボタンを押すことになるわけですが・・・おじさんさ今・・・

右肩壊れてんの!!

痛えんだよ!!ということで、

悩み

色々解消するためには、

  1. FFXIVのパッド勢から卒業し、トラックボールからも卒業し、G600を導入する
  2. G13のスンゲー便利な使い方inパッド勢 を模索する

このどちらか・・・と悩んでいるのです←今ここ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください