SILVER NOTE

【FFXIV】ネタバレとエメトセルクとウリエンジェ

calendar

一応メインストーリー終わりました。前回の白文字での伏せ方がおもいっきし不評と言うかクレームレベルだったので、少し変えようと試行錯誤しております。頑張れ俺

スポンサーリンク

ネタバレについて

Twitterで話題になっていましたが、イノセンスの名前がネタバレ警察にお叱りを受けるそうで。嘘だろ?!と思ってはいましたが、どうやら本当のようですね。公式が発表している名前をネタバレと言う感性がいまいち理解できないので若干、口が悪くなりますが自分自身のネタバレに思う事を並べてみたいと思います。

ネタバレの範囲

自分自身が考えるネタバレの範囲基準は、「公式が発表しているもの」まで可能と思ってます。ストーリー内容に関しても同様で、これが大半の方々と一致しているといいなぁと思いますが、俺の基準はここまで。そして伏せる期間は続きが公式から発表されたタイミングまでが完全にセーフラインと考えてます。

つまり追加されるメインストーリーの発表が行われるPLL等の公式からの発表を持ってネタバレしてもOKラインと思ってます。

と言うより、ぶっちゃけ正式発売された後はネタバレしてもいいんじゃないか?とは思ってたりします。気にしないタイプなんで。ただ、実際問題、ストーリーがどのように進むのかを楽しみにしている人に、その先●●が待ってるよとか言う攻略などの情報はネタバレに当たると思うし、それを嫌がる人もいると言うことは理解しているのでネタバレ良し!とは思ってはいないことは前提とさせてください。

ライン

ネタバレに関しても明確なラインが引きにくいからこそ問題となっているわけですよね。

  1. ストーリー、伏せられているキャラ名などの明確な話
  2. 終わってみて思ったストーリーの感想
  3. キャラクターに対する感想

キャラクターに対する感想ってほら今でいうと、エモいとかいう言葉を指すと思うんですが、これのどのあたりからネタバレなのかという話です。

ものによっては全部がネタバレになるとさえ思うし、1だけネタバレと感じる場合もあります。これって仕方ないんじゃないかなってネタバレ警察さんも思って欲しいなとさえ思うのです。この話題を書くときにちょっと検索したんですが、映画を見に行った人がいるとします。その人が

「●●●の映画見てきたよ〜 ちょー泣けた!」

というツイートにネタバレやめてもらっていいですか?と言っているネタバレ警察の方がいたを見ました。上記の2番ストーリーの感想がネタバレに当たるそうです。

興奮する映画なのか泣ける映画なのかわからないからというのが理由だそうで。正直、そこまで配慮しろって事…??えーじゃぁ映画館から出てきた人が喫茶店で、あの映画面白かったね〜泣けた〜〜とか言ってたら見てないので感想いうのやめてもらっていいですか?と言うの?

ぶっちゃけると、大げさに言えばレビューや口コミもネタバレに当たると思うんだが。

つまり、受け取る側が自衛するそれを押し付けてはいけない。それが俺の考えです。ただ、ネタバレ内容を垂れ流していいとは思わないしネタバレする事は、楽しみにしている人の楽しみを削る事にも当たるので配慮すべき。とは思う。

そのライン引きが個人によって違うからお互い自衛しようね?と言う事なのです。

なので俺的には

  1. NG
  2. OK
  3. OK

です

面白い記事見つけた

面白い記事がありました。ぜひご覧ください。

さぁネタバレだよ(ジャックちゃん風)

ネタバレ内容のため見たい方だけクリックしてください

メインストーリーが終わったので、Fusetterで伏せ字にされたツイートを見るようになりましたが、「エメトセルク ヒカセン大好き論」がありますよね。ぶっちゃけ「そうか?」と思っています。文盲なのかな俺。

最後の光をエメトセルクが消滅覚悟で受け取った言うのは違う気がしてて。あれはアルバートのあの斧に光の力が集まり闇属性を持つエメトセルクにぶつけた事で消費できたように見えました。さらには壊れかけた魂は、アルバートの魂で補完する事で、正しい形に修復できたと言う見解。

属性のプラスマイナス的な感じで、原初世界に第一世界を統合しようとしたのがエメトセルクな訳で、ヴァウスリーを作り出し第一世界を光で埋め尽くして原初世界に統合 これが目的だったわけですが、光で埋め尽くす先鋒となる大罪喰いを、グラハが呼んでしまったヒカセンによって討伐され、さらにはヒカセンに光の力が吸収されちゃうと言う始末。

光の力で押しつぶそうとした第一世界が、ヒカセンによって闇と光の均衡が取れてしまう。と言う状況になったわけで、エメトセルクとしては、作戦を練り直し、出来損ないでもあり、かつての旧友の魂を持つヒカセンが均衡を取り戻すならば、出来損ないと思っていた人を信じてみようか。もしダメでも、光の力が溢れちゃったヒカセンによって第一世界はまた光に満たされ統合が進む。

こう考えたんじゃないかと思うわけですはい。ただイノセントの段階で、ダメでもの方に向かっていったので、簡単に手を出すことができないアーモロートにヒカセンを囲い込んで、実質第一世界のラスボスに仕立てようと言うのがエメトセルクの思惑だったんじゃないかなと。

シュトラを助けたのは、ヒカセンに立ち止まって欲しくなかったからじゃないかと。光がまだ残ってるし。

最後は光に押しつぶされそうになったヒカセンの魂を壊し大罪喰い化しようとして逆にやられてしまった。そのときに悟ったんだろうなと、出来損ないと思っていた人の強さに。ならば託してみようかとなったんじゃないかなぁ。ただその礎を忘れるなよ…と。

そう思っていたので、ヒカセン大好き要素が見当たらないなぁと思ったのですがどう??

クリア後

まだエキスパ対象のIDを解放してないんですけど、暗黒始めました。71にしてフェイスだーわーい行くぞーと気合い入れて望んだIDのラスボスでウリエンジェ3連続範囲踏んでた。初めて「ウリエンジェはバカなんじゃないか?!」と思った夜最近涼しいですね。

この記事をシェアする

コメント

  • エフエフ14アンテナから削除されたコメントを見ました。結構昔の事なのでもう一度登録する予定はありませんか?たまに見たら何個も書かれていてどこまで読んだのかわからないしアンテナに出てるとすぐわかるから

    by 匿名 2019-07-09 15:51

    • コメントありがとうございます。

      アンテナ様に最初登録したのはアンテナ様管理人の方のご好意だと思っています。

      その好意に対して、自分のわがままで削除していただいたという経緯のため、再度掲載申請をするという予定も考えもありません。申し訳ありません。

      代わりにと言っては何ですが、ブログランキング様やブログ村様に登録させて頂いているので、そちらの方から参照して頂ければ幸いです。他のFF14関連ブログ様もありますし、この機会にブログランキング様やブログ村様に伺ってみてはいかがでしょうか?

      またお越しくださいませませ

      by ふぃくす 2019-07-09 17:12

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください